• スポーツチャンバラ学生連盟事務局

チャンピオンにインタビュー!第8弾 星山美悠選手

更新日:2021年11月18日

第14回関西北陸学生大会 上級生女子グランドチャンピオン

 

-まずは、自己紹介をよろしくお願いいたします。


 龍谷大学 文学部3回生、星山美悠です。





-星山選手、関西北陸学生大会女子グランドチャンピオンおめでとうございます!


  ありがとうございます!


-関西北陸学生大会から2ヶ月になりますが、グランドチャンピオンになった時の気持ちはいかがでしたか?


 なんだろう、一周まわって頭真っ白みたいな。表彰式の間もポケ〜ってなってたってっ て感じでしたね。


-そうなんですか!グラチャン戦は星山選手が1番得意な楯長剣で出場されてましたが、試合中何か意識していたことはありましたか?


 グラチャン戦は自分の性格的に、絶対パニックになって、目の前の相手しか見えなくな るだろうなって。なんで、龍刃会の仲間たちが、声掛けてきてくれるだろうなっていうのを意識して、相手に集中しすぎず、視界を広く持つように意識してましたね。


-なるほど。仲間の応援があったからこそのグランドチャンピオンなんですね!


 マジでそれです 笑


-そんな星山選手も、憧れの選手や影響を受けた選手はいたんですか?


 そりゃまあいましたね〜!女子で言ったら龍刃会OGの今井祥乃選手ですね。祥乃さんはチャンバラの姿勢とか、戦い方とか全面的に憧れてる感じで、永遠の憧れって言ったら薄っぺらいかもしれないんですけど! 笑

 男子で言ったら龍刃会の元主将の野中選手も、闘争心みたいなのはめっちゃかっこいいなって思ってたんで。2人とも1回生の頃から目標かつ、憧れではありましたね。


-この後、近畿学生大会が控えますが、意気込みや目標などはありますか?


 大きくでたら、グランドチャンピオンをもう1回取りたいなとは 笑

 ですが、まずは優勝しないと出れないので、油断せずにしっかり練習して、とにかく調子に乗らず試合に臨みたいなと思ってます!

閲覧数:364回0件のコメント